PSP激的活用術

PSPのCFWやDGなどの改造関連からPSPを改造してなくてもできる裏技(?)をドンドン書いていきます!! ゲームのプレイ日誌を書いたり、いろいろ書いたり・・・・ MHP2G最強データ配信中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

PSP CFW3.80 M33 導入方法

カスタムファームウェア3.80 M33の導入方法を紹介します。(製作者 Dark_AleX氏)

-------------------------CFW 3.80 M33の主な機能-------------------------

・ベースとなるファームウェアが3.80。
・flash1フォーマットを行った後に適切なディレクトリを作成する。
・HENコアの変更。
sigcheckが付いたファイルをユーザーモードよりflashからロード可能となった。
・"NID Resolver"を搭載。
 これにより、過去のアプリ・プラグイン等がNIDを気にせずに使える(すべてが使えるわけではない)。
Dark_AleX氏のサイトからネットワークアップデートができる

-----------------------------------------------------------------------

これより下記の手順を実行する事でPSPが壊れる可能性があります。
全て自己責任で実行してください。 
またこれらの手順を行いPSPが破損しても当サイトは一切の責任を取りません。




■用意するもの
・CFW 3.52 M33(-3/4) or 3.71 M33(-2/3/4) を導入したPSP-1000
 又は CFW 3.60 M33 or 3.71 M33(-2/3/4) を導入したPSP-2000
・「CFW 3.80 M33」 ⇒ダウンロード
・FW3.80のアップデート用「EBOOT.PBP」⇒ダウンロード
・USBケーブルorメモリースティックライター


■やり方
Ⅰ.メモリースティックに各データを配置
 1.「CFW 3.80 M33」をダウンロードして解凍する。
  ↓のようなファイルが出てくる。

   15675_380_m33/
   ├ UPDATE/   
   │├ EBOOT.PBP
   │└ u235.prx
   ├ leeme.txt
   ├ nidsresolver_status.txt
   └ readme.txt

 2.「UPDATE」フォルダをms0:/PSP/GAMEフォルダに入れる。
  ※「GAME」フォルダ以外に入れると破損データとなってXMBから表示されない。

 3.FW3.80のアップデータの「EBOOT.PBP」ファイルを「380.PBP」にリネームし、「UPDATE」フォルダに入れる。
  このときのメモリースティック構成例は↓のとおり。


  ms0:/
  └ PSP/
   └ GAME/
    └ UPDATE/
     ├ EBOOT.PBP
     ├ u235.prx
     └ 380.PBP(リネームしたFW3.80アップデート用「EBOOT.PBP」)


Ⅱ.カスタムフォームウェアをインストール
 1.XMBから「PSP アップデート ver 3.80」を選択し、起動する。
  ※[Game folder homebrew]の設定を1.50カーネルに設定している場合、リカバリーモードから「3.**Kernel」に変更する。


 2.XMBから「PSP アップデート ver 3.80」を選択し、起動する。
 3.80m33



 3.黒い画面が表示され、パッチを当てる場合↓のようなメッセージが表示されるので、×ボタンを押す(不要な場合は4.に進んでよい)。

---------------------------------------------------------------------
Some of your idstorage keys have not the correct values, probably due to a downgrader. In order to continue, press X to restore the correct values, press R to exit.
---------------------------------------------------------------------


 4.下記のようなメッセージが表示される。

---------------------------------------------------------------------
                    Verifying 380.PBP ... OK
                    Verifying u235.prx... OK
---------------------------------------------------------------------



 5.「Press X to start the update, R to exit.」と表示される。
  ×ボタンを押し3.80M33をインストールする。
  ※アップデートせずに止めるのであれば、Rボタンを押す。


 6.しばらくすると、公式FW3.80アップデート画面が表示されるので、指示に従ってインストールする。


 7.インストール終了後、○ボタンを押してシステムを再起動する。
  注、この手順を行わず、手動で電源を切ったりするとBrickする


 8.プログラム終了後、PSPの「本体設定」を見て、FWが3.80 M33となっていれば成功!!




       ★新たに搭載されたNID Resolverについて★
        1.50 ~ 3.60のNIDを 3.80用に自動変換して起動できます。
        3.71用のNIDは自動変換ができません。





質問やご要望は質問、ご要望専用掲示板で受け付けています。 相互リンクもこの掲示板をお使いください。





スポンサーサイト
別窓 | PSP改造関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| PSP激的活用術 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。