PSP激的活用術

PSPのCFWやDGなどの改造関連からPSPを改造してなくてもできる裏技(?)をドンドン書いていきます!! ゲームのプレイ日誌を書いたり、いろいろ書いたり・・・・ MHP2G最強データ配信中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

用語解説

当サイトに出てくる用語解説です

・FW
 「フォームウェア」のこと、PSPのバージョン等のことを言う。

・CFW
 「カスタムフォームウェア」のこと、主に OE系やM33系などがありSONYの純正のFWではない。
 CWCやSSなどの純正のFWでは使用できない「プラグイン」等を使用できるバージョン。

・CWC
 数あるプラグインの中のひとつ。 一般的に「チートコード」と言う。 「SELECT」ボタンを長押ししたり、
 VOLボタンの「+」「-」同時押しなどで起動するものがある。
 それぞれのゲームに対応した「マスターコード」と言われるものが必要。
 MPO+のように、チート対策などがされたゲームが存在する。
 いつでもCWCを追加することができる。
 それぞれのバージョンに対応した「CWC」が必要

・SS
 数あるプラグインの中のひとつ。 一般的に「スクリーンショット」と言う
 VSHメニューや、ゲームの好きなシーンを撮ることができる。
 ほとんどのものは「♪」ボタンを押して SS を撮るものが多いが、
 「R」+「□」で撮るものもある。 このタイプは、SS に横線が入るなどのバグがある。
 1枚の画像の容量が他の画像に比べて高い。
 ほとんどの SS は、BMP形式で保存される。
 それぞれのバージョンに対応した「SS」が必要 

・VSHメニュー
 PSPのHOMEメニューのこと。 どのPSPにも存在する。
 FWが3.70以降のバージョンはVSHメニューのアイコンを変えることができる。

・リカバリーモード
 CFWが導入されたPSPにのみ存在する特殊(?)なメニュー。
 プラグインをONにしたりOFFにしたりできる、CFWを導入したPSPには無くてはならないもの

・PSP-1000
 旧型PSPのこと 新型PSPとは違い多少重い。
 PSP-1000のみCFWを導入した際、FW1.50用のHomebrewを起動することができる。

・PSP-2000
 新型PSPのこと 旧型PSPより軽い。 ワンセグに対応
 FW1.50用のHomebrewは起動できない。

・Homebrew
 自作アプリや自作ゲーム等のこと、自作ゲームは普通の体験版よりかなり容量が低い。
 FW1.50で起動することができるものが多い。
 (PSP-1000のみCFWを導入した状態でも起動可能)
 《CFW3.71 M33からは、 「PSP 1.50 Kernel addon」を導入することで起動できるようになる》

・ PSP 1.50 Kernel addon
 PSP-1000 CFW3.71 M33からFW1.50用のHomebrewを起動するために必要なインストールパッチ
 インストールすると、「ロケーションフリープレイヤー」と表示言語の「韓国語」が無くなる。
 それぞれのCFWにあったものが必要。
 CFW3.52 M33までは標準搭載されている。





スポンサーサイト
別窓 | 用語解説 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

CFW3.52 M33-4アップデート方法

CFW3.52 M33を、CFW3.52M33-4にアップデートする方法を紹介します。

---------------CFW3.52 M33-4の変更点---------------

・3.52M33 ~ 3.52M33-3 で発生したバグを修正。

---------------------------------------------------

これより下記の手順を実行する事でPSP及びが壊れる可能性があります。
全て自己責任で実行してください。 
またこれらの手順を行いPSPが破損しても当サイトは一切の責任を取りません。



■用意するもの
・CFW3.52 M33を導入したPSP-1000
・「CFW3.52 M33-4」⇒ダウンロード
・USBケーブルorメモリースティックライター


■やり方
Ⅰ.メモリースティックに各データを配置
 1.「CFW3.52 M33-4」をダウンロードして解凍する。
  ↓のようなファイルが出てくる。

  M33-1234/
  ├ PSP/
  │└ GAME150/
  │ └ M33Update4/
  ├ seplugins/
  │├ popsloader/
  │├ pops.txt
  │└ popsloader.prx
  ├ LICENSE.TXT
  ├ README_EN.TXT
  └ README_RU.TXT

 2.「M33Update4」フォルダをms0:/PSP/GAME150フォルダに入れる。
  このときのメモリースティック構成例は↓のとおり。

  ms0:/
  └ PSP/
   └ GAME150/
    └ M33Update4/

Ⅲ.カスタムフォームウェアをインストール
 1.PSPを起動し、ゲーム/メモリースティックから「M33 Update」を選択し、起動する。
 frgghggffdedd


 2.黒い画面に白文字で「Press × to do the update.」と表示されたら、×ボタンで実行する。
 tguudddk


 3.「Press × to shutdown the PSP.」と表示されたら×ボタンを押す。
  ×ボタンを押すと自動でPSPの電源が切れる。
  zzjmmmmm


 4.プログラム終了後、PSPの「本体設定」を見て、FWが3.52 M33-4となっていれば成功!




質問やご要望は質問、ご要望専用掲示板で受け付けています。 相互リンクもこの掲示板をお使いください。




別窓 | PSP改造関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| PSP激的活用術 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。